自動車妄想 

  • 2011/04/24(日) 15:52:38

散々迷った挙句、今の理想の君、ミラジーノ君にたどり着いたわけですが。



それはそれとして、憧れの君、
フィアット500や、

スバル360、



ミニクーパーなどの

クラシックな自動車全般への、僕の嗜好自体は何も変わらないわけで。





ミラジーノは、現在手に入れられる自動車で、もっとも僕の好みにかなった

自動車である、と確信を持っていますが。


機能的なことや、今後のメンテナンスの事を考えなければ、これらの自動車は、


未だに僕の心の中に憧れの君として、あり続けています。

が、これらのマドンナは、見た目は最高なんですが、いかんせん車の機能として

考えると、設計が古すぎて、

僕みたいなメカとしての車には全くのオンチには、敷居が高すぎます。


いついかなる時でも故障を暖かく迎え入れ、対応するなんて僕には正直無理です。




で、最近になって、ただ販売している自動車ではなく、


公式に改造して販売している車、というものにも気が付きました。



この方式なら、現在発売している新車を、


お金はかかりますが、中身は新しいまま、外だけクラシックに化粧直しして

つかう、ということが出来るようです。




たとえば、この車。


光岡のビュートという自動車ですね。


元ネタの自動車を僕はあまり知りませんが、日産のマーチを、アメリカのクラシック

っぽく改造してくれているようです。


ちょっと癖がある外見で、手放しに好き、という訳ではないですが、これはこれで

いい感じの車ですね。



他にも、


スバルのサンバーをフォルクスワーゲンバスっぽく改造した車や、




ちょっとミニのにおいがして、積載量がしっかり取れる軽自動車として、

ホンダのステップバンを改造した、ピコットというこんな自動車もあるようです。



他にも、ダイハツのエッセを改造して、ちょっとフィアット500っぽくした



こんな改造車もネットで見つけました。



やはり、そういう欲求って、巷にはたくさんあるんですね。




でも、総合的に考えて、今の僕には

ミラジーノが一番マッチしていると自然に思えるので、

それはそれで何の問題もないんですが。




もし調子が悪くなって、新車で次の車が欲しいと思った時には、



今のクラシック好みの説を曲げるか、もしくはこういった改造車から選ぶことに

なるんですかねえ。とか 思ったりしたのでした。



まあ、現実的に考えたら、


スズキのアルトラパンあたりが、現行の新車で一番レトロの雰囲気を持っている

車として、候補になりそうですが。

自動車妄想 

  • 2010/08/07(土) 18:23:27

結論として。

僕の好きな車は。

ミニクーパーに。

スバル360に

フィアット500に。

ワーゲンビートルに。

実現可能なレベルとして、

ミラジーノって事なんです。








・・・・・・おや?


ミラジーノのようすが?








!!!

自動車妄想、ニューと旧

  • 2010/07/10(土) 06:26:08

またまた自動車妄想。
最近こればっかりですw


前回は、ミニとジーノの、新旧について書きましたが、

街中でよく見かける、ちょっと気になる新と旧が、もうひとつあります。


それが、これです。


はい、フォルクスワーゲンビートル。カッコイイですね。
これは、旧のほうです。

今でも、ワーゲンビートルといったら、こっちしか思い浮かばないくらい、

子供のころから、よく目立つ車でした。

車に全く興味のなかった僕ですら、見分けのつく数少ない車です。



でも、そんな名車ビートルも、時代の流れには逆らえず、モデルチェンジして
しまっているようです。


で、これがニュービートル。


ふむふむ。確かに、あのワーゲンビートルを現代風にリニューアルしたら、

こうなるのかな、という納得感のあるデザインです。


が、旧のデザインに思い入れがあるからか、ニュービートルの方は、

なんだかやっぱりちょっとのっぺりした印象で、旧の方がカッコイイと思ってしまいます。




旧ビートルの後ろ側。


で、ニュービートルの後ろ側。



後ろ側も、旧ビートルはきっと荷物の積載量とかで、オーナーは不満がたくさん

あったんじゃないかと思います。


思いますが、やはりかっこいいのは旧バージョンのような気がしてしまいます。


思い入れ贔屓補正がかかっているんですかね?





真横から見たニュービートル。なんだかやっぱりのっぺりして見えます。

真横から見て、前後が同じような形に見えるのがそう感じさせるんですかね?


まあ、何を言っても僕の個人的な意見に過ぎませんが。


ミニしかり、ビートルしかり、モデルチェンジした車を見た時、ぼくはどうも

古いバージョンの見た目の方が気に入ってしまう傾向が如実にあるようです。



なんで最近、こういう味付けの外見の車、作らないんでしょうかね?

自動車妄想:ミニとジーノ

  • 2010/07/06(火) 06:14:15

書くことに詰まったら自動車妄想。


というのはともかくとして。



前回まで、散々ジーノがいい! という記事を書きました。


でも、見た目が好きなのは、やっぱりローバーミニなんです。


この2台については、さんざんミラジーノはローバーミニのパクリだといわれていますし、

実際その通りなんだろうと思います。



でもまあ、ミニがミニだから愛している、という思い入れがあるのでもなければ、

性能や安全性、維持費や税金の安さ、そして日本での手に入れやすさから、

個人的には、ジーノを選ぶことに全く抵抗はないのですが。





ミラジーノとミニクーパー、どちらも大幅なモデルチェンジをしている車です。

(ジーノの方は、モデルチェンジ後のモデルも既に生産停止している車ですが)

旧ジーノと旧ミニが似ていることは分かりました。

確かに見た感じそっくりです。
ジーノの方が真似した、ということもきっと間違いないでしょうね。


では、新ジーノと新ミニはどうでしょう?


コレが新ミニ。



で、コレが新ジーノ。



うむ、これも大分似ている気がしますw



ニューミニ。



こっちが新ジーノ。



新ジーノの方が、新ミニよりも、横から見るとずんぐりした印象です。



その分コンパクトで可愛い外見である、ということも出来そうです。


こうして見ると、新ジーノと新ミニのほうが、旧ジーノと旧ミニの似ている加減より、もうちょっと

似ていない
ように感じます。


もし、ジーノはミニの真似なんじゃない! 似てないし! と言いたいなら、

新ジーノの方を選んだ方がいいのかもしれません。





僕はその辺あまり気にならないので、

やっぱりクラシカルなまん丸ライトに魅力を感じます。






いや、われながら、走行性能とか一切無視した文章ですね。

まあ、妄想ですし。



なんといっても、ローバーミニもミラジーノも、走行性能を追い求める人が

欲しがる車じゃないでしょうし。

今この4台で、性能的な事を求めるなら、何の迷いもなく、BMWニューミニになるんでしょうね。

その分値段的なことでも、きっといいお値段なんでしょうがw



でも、やっぱりクラシックな方が、僕にとってはいいのです。

自動車妄想6 サイクルキャリア

  • 2010/05/09(日) 07:00:22

さて。ゴールデンウィークも終わり、その後の土日も終わり。

自転車で走りに行かなかったことは無いんですが。

書こうと思ったら、どこどこに行ったよ〜、何キロ走ったよ〜、を書けるのですが。


割と近くを、そんなに長めでも無い半端な距離、目的地に目立ったランドマークも無く

ただ走った記事を、面白く書く自信が無かったので、



いつもの車妄想に走ろうと思います。
(果たしてこっちは面白く出来るのか?   答え、僕が面白く感じていますw)



さて。
車妄想5で、結局一週回って、ミラジーノがいいんじゃないか、という結論に戻りました。




見た目が気に入った度で、結局この車が一番心の琴線に触れたから、ということなんですが。


僕の車欲しい衝動の前提は、やはり自転車を運びたいから

というのが外せません。



以前候補に上げていた、ラクティスやキュービックなどの、背高3列シートならば、



コレを使って、



こんな感じで、前輪外しで縦置き車内積みが出来るんじゃないかと思うんですが、

軽自動車でもちっちゃい方のミラジーノでは、この方法は多分不可能なんじゃあ
ないかと思います。

ミラジーノも、一応後列が倒れて車載スペースが取れるので、

前後輪外して、輪行袋に入れてしまえば、車内積みでいけるんじゃないか、とも思うんですが。




とりあえず車外サイクルキャリアを考えてみたいと思います。


面白そうだから。






車外積みといったら、なんといってもこの方法ですよね。

ルーフキャリア


サイクルイベント会場などで、よく見かけます。

ツール・ド・フランスなど競技のときの、サポートカーも、よくこうやって

ルーフに自転車をくっつけて走ってますね。

車輪ごと乗っけて、突き出たアームでフレーム中央部分をつかんで固定するタイプと、



前輪を外して、クイックレリーズの締め付けでフォークを固定する方法があるみたいです。


家族が車にこの、後者の前輪外しタイプをつけてくれているので、今まで

何度も利用させてもらったことがあります。ありがとう、家族w

見た目ちょっと不安ですが、固定力には何の問題も無く、


高速ぶっ飛ばしても何にも問題は発生しませんでした。すごいね!



ただ、ルーフキャリアには、大きな問題があります。

大き目の車にコレをつけた場合、自転車を持ち上げてルーフに固定するのが

非常に面倒、ということと、


自動車の上に自転車が立つので、車高はとても高くなり、線路との交差など

高さに気をつけないといけないシチュエーションがある、ということ。



あと、無論空気抵抗が大きい、ということも。




自転車を運ばないときには外しておくのですが、その作業もまた結構めんどくさいみたいです。


(お父さん、本当にありがとう!)





他には、こんなキャリアがあります。



バックキャリア


背面に自転車を立てる方法ですね。

これにもいくつか方法があるみたいです。


車の背面に自転車を置く足場を作って、フレームをアームで固定するタイプと、




フレームを固定するバーだけで、ぶら下げるように自転車を固定するタイプと。

こちらの固定方法は、室内保管のサイクルタワーとかに似た保持方法です。


これも、スピード出したら、風にあおられてブランブランしちゃうんじゃないかなー、

とか思っちゃいますが、


去年shigemixさんに乗っけてもらって

美ヶ原まで、この方法で自転車を運んでもらったりしたのですが、

この方法も、全く不安はありませんでした。

僕のTREKと、シゲさんのレモン、2台積載しても全く安定してました。
(シゲさん、その節は本当にありがとう!)






さて、ミラジーノにつけるとしたら、どれでしょうか?

見た目的には、車輪つけたままのルーフキャリアかなあ、という気はしますが、

運用、管理が結構めんどくさそうで、
ものぐさな僕にはちょっと敷居が高い気がします。



そうなると、背面ぶら下げ方式でしょうか。

この方式だと、車輪はつけたままだと、きっとミラジーノの横幅から、大きく

はみ出してしまい、危ないんじゃないかと思われるので、

前輪のみ
、もしくは必要があれば前後輪とも外す必要がありそうですが、



それくらいの面倒なら、僕でも何とかなりそうです。

使わないときの、キャリア自体の付け外しも、簡単そうです。(重要です)





これなら、ミラジーノでも、快適な自転車トランポライフ

満喫できるんじゃないでしょうか?





・・・・・まあ、妄想なんですけどねw