今年もイベント

  • 2011/03/14(月) 21:48:43

去年の夏からほとんど更新していませんでしたが、

その間なにか特筆するような事があったかというと、


実はそんなにありませんでした。


せいぜいジーノちゃんで運転練習の日々だったことくらいでしょうか。


それも、紙運転手真っ盛りだった僕が、がんばって普通の初心者に成り上がる

位の変化しかありません。


まあ、要約すると、特になにもありませんでした。と



さて、で

今年の話になります。


今年も、そろそろアレが迫ってきましたよ。

そう、
コレ。


去年もでしたが、今年も参加希望者殺到で、狂乱のエントリー争奪戦だったそうです。


本来なら、ネット環境に近づくことがなかなか出来ない職種の僕は、まったく

エントリー戦線に参戦も出来ないはずなのですが、



退職して家にいる家族に頼んで、あっさりとエントリーさせてもらいました。<ずるうい



まあ、経緯はともかく、今年も参戦します。マウント富士

去年のブロンズは、今年はもう無理かな?

いやいや、年齢別エントリー、今年が最後の30台です。

最後にもうひと記録、縮める


くらいの覚悟
で臨みたいと思います。

ブロンズの証

  • 2010/07/14(水) 22:03:44

富士のブロンズ証、届きました。


うむ、まごうことなくブロンズの証です。



・・・・これでシールじゃなかったら、もっといいんですけどね。

せめて缶バッヂとか。


でもまあ、いいんです。

前回もらったシールが、これ


でしたから。

同じシールでも、やはり趣が違います。


そして、今回のブロンズ証入りの一番のキモ、記念品のコラムスペーサーです。


やはり、立体の記念品。シールよりもずっと重厚感があるように感じます。


反対から見ると、ちゃんと90分を切ったと書いてありますね。



問題は、このスペーサー、スペーサーとしては多分一回も使わないだろう、
ということですね。

記念品として、大事に引き出しの奥にしまっておこうと思います。

富士、記録証でました

  • 2010/06/14(月) 05:56:28

今年は、記録証は郵送されてくるのではなく、ネットで公開されました。

自分で記録証の書式と、いくつかの写真から組み合わせを選んで、

ダウンロードして、プリントアウトする方式です。




こんな感じ。


まあ、郵送代を省いて、エコ名感じになった、って事でしょうかね。

後から記念品(スペーサーとか、ステッカーとか)送ってくるみたいだから、

あんまり変わらない、という気がしないでもないですが。




さて、肝心の結果。

タイムは、前の記事のコメントのところにも書きました、

1時間29分20


やりました!

90分切りです。ブロンズ証がもらえることと思います。


3年越しの念願がかないました!



総合順位は、1434/4668位です。

男子35〜39歳の順位では、388/1040位ですね。



総合だと、前半1/3に入れてますが、

年齢別だと、入れていない感じですね。


これは、男子35〜39が、全体の中で好成績をだした率が高めだった、


ということですよね。

恐るべし、中年パワー
(気持ち的には、自分は中年に入れていません。おこがましいw)

Mt.フジヒルクライムに行ってきました

  • 2010/06/08(火) 04:53:11

昨日の記事に引き続き、大会の様子など2日目

楽しかったイベントも終わり、ようやく本番です。

 
昨日の記事でも書いたとおり、今年のフジヒルクライムは、絶好の好天。



3年前も好天でしたが、それ以上です。

いっそ暑いくらいでした。



3年前は、スタート地点は天気はいいけど気温はひんやりと肌寒いくらい、

ゴール地点はガスって震えるような寒さでした。


(3年前の5合目写真)

路肩にまだ雪も残っていましたし、今年も5合目まで上がると、こういう寒さ

なんだろうな、という前提で、下山用装備は、冬用ジテツウ装備をごっそり

持っていったんですが。


今年は、5合目すら、ちょっと寒いね、くらいです。ホント

最高のコンディションでした。





このコンディションなら、記録更新も夢じゃないぞ!


というか、記録更新できなくても、天気のせいに出来ないぞ!

という気合の元、がんばりました。


ちなみに、3年前の僕の記録は、


こんなかんじ。

タイムは、ふむふむ。1時間32分53秒とな。ブロンズ証は3分ほど逃して

います。



なので、今年の目標は、ズバリ、1時間29分59秒


3年前の自分に打ち勝ち、さらにブロンズ証もゲット、という一粒で2度美味しい

所を狙います。




朝、気合を入れて、5時前に宿泊場所を出発。5合目まで荷物を預かってくれる

んですが、その作業は4時から始まっているそうです。


スタッフの皆さん。頭が下がります。



会場にすぐ到着、レース開始まで時間をもてあましましたが、コレが却って

よかったです。


普段やったことが無いくらい、入念にストレッチ。

体がめちゃめちゃカタい僕なのですが、かなりほぐしてスタートすることが出来ました。


大会には、今年も今中大輔さん、片山右京さん、鶴見辰吾さん、シャ乱Qのまことさんなど

常連の有名人さんたちがたくさん参加した模様。


僕と同じスタートの集団には、シャ乱Qのまことさんがいらっしゃいました。



そして、緊張のなか、僕の集団もスタート。



記録を伸ばすために、3年前はやらずに、今年やった事。

 .譟璽甲罎諒箋襪鮟室造気擦襦
  
    3年前は、2時間かからないレースなら、補給とか要らないっショ?
 
    とばかりに、一応ポケットに忍ばせた小さいチーズケーキは食べないまま、 
    ボトルの中身も、只の水でした。



    でも、今年は違いますよ?


    ポケットには、一口羊羹を二つしのばせ、一つはスタート直前に、

    もうひとつは10キロメートル地点、20キロメートル地点の
 
    2回に分けてきっちり食べました。


   
    やっぱり、補給すると、なんだか体中に元気がみなぎって来る



    ・・・ような気がします。



    ドリンクも、今年は水ではなく、濃い目に溶いたコレ。


    エネルギー的には万全です。



◆,尻の位置を積極的にずらし、シッティングしながらも、いろんな部分に

  疲れを分散させる。


    これは、前日イベントで(確か)スペシャの竹谷選手が言っていた
    
    と思ったのですが。


    本で読んだこともごちゃ混ぜになっているかな?

    

    とりあえず、シッティングかダンシングか、の2択だと、どうしても

    疲れが集中してしまって失速したので、


    今年は疲れをとにかく分散させよう! を出来るだけ実践して見ました。


    これは多分功を奏していると思います。



 3拍子のリズムでこごう!
 
    これも、前日イベントでゲストの誰かが言っていたのですが。


    3拍子でこぐと、疲れが片足に集中しないで、両足に均等にかかるんだ

    そうです。


    これもすぐに実践できそうなので、取り入れることにしました。



    コレを教えてくれていた元選手の方は、ベートーベンの第九がいいと

    仰っていたのですが。

    第九だとなんだか速く走れなさそうな気がしたので、



    天空の城ラピュタで、パズーが吹いていたラッパ


    あのメロディーでこぐことにしました。





いろいろ試していたら、なんだか調子よく登れたようですよ?


登っている最中に、なんだかたくさん人に話しかける選手がいました。

なんだろう?と目をやってみると、その選手はシャ乱Qのまことさんでした。


他の人との話に便乗して、一言二言、僕も話してみました。


まことさん、大会をほんとに楽しんでいる感じです。すばらしい。




そして、ゴール。


今年も、出し切りました。ゴールをくぐって、自転車を降りたら、

ももうらが痛くて、ろくに歩けないのも3年前と同じです。


東京ヒルクライムではこの症状は出ないので、やはり24キロの長丁場が、

そうさせるんでしょうね。



さて。

正式な記録は、後日ネットに公開されるそうなのですが。


僕のサイコンのデータでは。




今回の僕のタイムは。








1時間29分27秒。



やりました!

目標2コとも達成です!




ハレバレと、5合目フジをバックに記念撮影です。


いや、勝ちましたよ! 3年前の自分に。

やっぱ、片道20キロの自転車通勤は、練習としてもキクって事ですね。


そして、今年の5合目のこの、ハレバレとした上天気と眺望!



サイコーのご褒美です。






でも、疲れたので、さっさと荷物を見つけて、下山です。


今年の預け荷物は、白いビニール袋に入れる方式になっていたのですが。


何だか、見た目ゴミ捨て場っぽいですね。

まあ、別に問題ないんですけど(笑)



下山して、恒例の吉田のうどんを頂きました。




僕は、吉田のうどんって、まだ2回しか食べたことないんです。

その2回とも、フジの直後の振る舞いうどんで。


つかれきった体にしみこむうどんの旨さったらもう!


なので、僕の中では、吉田のうどんは、

メッチャクチャ旨い食べ物として

記憶されています。



普通に食べたときの評価は、どうなんでしょう?自分的に。まあいいかw






いやーーーーーー、疲れた。けど、楽しかったーーーー。



来年も参加を心に誓って、今年のフジヒルクライムは、満足の中で、

終了します。







あ、やっぱりというか、当然というか。

5000人もいる中、やっぱりドビンゴさんと偶然の邂逅は出来ませんでした。

残念。

Mt.フジ ヒルクライム大会、行ってきました

  • 2010/06/07(月) 06:08:58

帰ってきました、Mt.フジヒルクライム。

僕にとっては3年ぶり2回目の出場。

年齢も、30台半ばから3年たって、30代後半になったところ。



かなり微妙な年齢の、3年アフターです。



今回の大会の自分的キモは、

 3年前と比べて、自分の体力は衰えているのか? それとも毎日の通勤が効いて、

   むしろ伸びているのか? を、知りたい事。


◆〜芦鸚砲靴も(と、言わせてください)逃した、ブロンズ証を、今度こそ取るぞ!
   という事。


の2つです。



がんばるぞ!
の、気合も充分に出場するため、会場に立ちました。



今年のフジは、1,2日目共に、絶好の上天気。ラッキーでした。


1日目は登録&前日イベント。

3年前にも楽しんだ、自転車パーツ&ウエア安売りブースが軒を連ね、試乗車がたくさん並ぶ

楽しい楽しいイベントです。

前回も乗りまくりましたが、今回も、乗りまくりました。



アンカーのRHM9、およそ65万円とか


ご満悦のようすですw







トレックの現行最高のモデル、マドン6.9プロ、



なんと100万円超ですよ!







そして、ピナレロのドグマ


これまた、カッコイイ&カンパニョーロスーパーレコード11スピードですよ!




そして、一緒に奥さんも人生初ロードにチャレンジ(試乗のみですが)しました。



とても軽くていいが、ハンドルが遠いので、まだフレッタでいいや、との事。

まあ、フレッタもいい自転車だもの。それもいいよね。

(うちにもう一台自転車を置く場所が無い、とも言いますがw)


いやー、
なんというか。

どのバイクも持ち上げて軽く、軽やかに進みます。

その軽さたるや、とても、とても、とても、とても、軽いです。と言いたい位。

どれも甲乙つけがたいですが、乗り味、軽さ、デザインとか考えて、

僕の個人的な欲しい順位をつけるなら、.泪疋鵝↓▲疋哀沺↓アンカーかな。




僕の持っている07マドンもとてもいい自転車で、大好きなんですが。


時代が、ひとつ進んだなー、という感じがしました。



でも、レースは愛車で相棒の、マドンSL5,2と一緒に、がんばりますよ!



2日目に続く。