ハンドル周りとカーナビなど

  • 2011/04/16(土) 06:23:17

いままで、ミラジーノくんの外見とか、自転車積んだ様子とかいろいろ紹介したので、


今回は内面を。



いや、精神面とかじゃないですよw


いわゆるインテリアというやつですね。









いわゆるハンドル周り。運転席。インパネ。

いろいろ呼び方はあるみたいですが、まあ車内のこの部分のことです。



ミラジーノは、ほんとに「ザ☆車」って言うくらい、オーソドックスな車らしい

運転席をしています。


ハンドルがあり、運転者正面にメーター類が並んでおり、

シフトノブは、フロアタイプ。


その後ろに、ハンドルブレーキがある、という。



教習所で大変お世話になった、セダンの教習車と同じような位置構成になっています。


違うのは、助手席に補助ブレーキが付いてないことくらいかなw



この室内構成、やっぱりすごく運転しやすいと感じます。


シフトノブって、いろんなタイプがあるじゃないですか。



正面コンパネの縦の面に付いているタイプとか



コラムシフトってやつですか? ワイパースイッチのように付いてるタイプとか。



あと、軽自動車じゃないので、比較の対象にはなりませんが、最近の流行りのタイプとしたら、

プリウスとかのこういったなだらかなインパネシフトとかも良く見ますね。









これらにもいろいろ意味と利点があるのかもしれませんが、僕はなんとなく


ミラジーノの昔ながらの感じが気に入っています。




そして、カーナビ。

はい、以前からこのブログを見てくれている人はもうおなじみですね。


ガーミンのポータブルナビ、nuvi205です。


ミラジーノを買うずっと前から、マドンに乗せるために買っていたこのナビを、


きっちりカーナビとしても活用しています







2万円弱で買ったちっちゃなコイツですが、正直、今のところ


性能には特に不満ありません。





きっちりナビは果たしてくれます。音声もきっちり出ます。




(あ、最初から覚悟してた事柄は除いて言ってます。
          画面の小ささとか、日本語入力の弱さとか)




固定するための吸盤がくっつく台を、粘着テープで貼り付けるんですが、


その貼り付けたい面がカーブしてて、なかなか付かなかったことが、

不満点といえば不満点かな。

真夏の高熱になった車内で、ナビをつけたままの形で放置すると、

次に車内に入った時は、ナビが床に落ちていたりします。





それ以外は、問題なくナビしてくれています。


安いポータブルナビとはいえ、最近の機械はすごいですね

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する